日本電信電話<9432> ティックチャート

図1:日本電信電話<9432> 2018.1.30ティックチャート ティックチャート観察を続けています。今回は日本電信電話<9432>です。 VWAPと歩み値 図1を見ると、寄りすぐ後に一度上昇していますが、その後はじりじりと下げています。 寄り後しばらくしてからはVWAPの下で推移しています。 日計りで買いから入った人の多くは損失が出ている…

続きを読む

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306> ティックチャート

図1:三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306> 2018.1.29ティックチャート ということで、ティックチャートを見ていきます。日経平均採用銘柄を時価総額順に見ていこうかと思います。今回は三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>です。 VWAPと歩み値 図1を見ると、寄り付き当初は寄り値あたりでもみ合っていましたが、その後は上昇しています。…

続きを読む

ティックチャートの分析とVWAP

図1:トヨタ自動車<7203> 2018.1.26ティックチャート ということで、板読みにはザラ場中の動いている板が必要なのですが、その前に歩み値を分析してみたいと思います。ティックチャートの分析です。 出来高の扱い 今まで出来高は価格帯別出来高だけでした。 --みょ んでも時系列に見るのなら出来高も見たほうがいいみょ う~ん。ティックチャートでは時系列…

続きを読む

歩み値のチャート その11

図1:価格帯別出来高 その10でティックチャートと価格帯別出来高が作成できました。 グラフタイトル 最後にグラフを仕上げていきます。 まず、グラフタイトルを追加します。 グラフをクリックして右上に表示された「+」のアイコン(グラフ要素)をクリックします。 図2:グラフ要素 「グラフ要素」から「グラフタイトル」のチェックボックスにチェックを入れます。 …

続きを読む

今週の日本株 2018年1月27日

チャート1:今週の日経平均日足 今週の日経平均は先週終値を挟んだ動きに終始しました。 ローソク足と移動平均 6か月チャートです。 チャート2:日経平均日足6か月チャート 昨年の三角持ち合いをブレイクして上昇してから今の水準でもみ合っています。どうやらレンジ相場と言ってよさそうです。 トレンドブロック™を追加してみます。 チャート3:チャート2にト…

続きを読む

歩み値のチャート その10

図1:価格帯別出来高 その9で価格帯別出来高のグラフを追加しました。 縦軸の調整 --みょ 縦軸がずれているみょ うん。出来高のグラフはまだ価格帯と紐づけていませんので、全体に表示されています。グラフ全体を勝手に価格帯別に分割しているのです。 そこで、ティックチャートの縦軸に合わせます。 --みょ またややこしい調整が必要だみょ いや。ティックチャートに…

続きを読む

歩み値のチャート その9

図1:価格帯別出来高の計算 その8で価格帯別出来高の計算が済みました。 グラフに追加 グラフに追加します。 「約定値」ティックチャートの真ん中あたりで右クリックしてメニューから「データの選択」をクリックします。 「データソースの選択」ウィンドウが表示されます。「凡例項目」の「追加」ボタンをクリックします。 図2:データソースの選択ウィンドウ 「系列名…

続きを読む

歩み値のチャート その8

図1:関数の引数 その7で「SUMIFS」関数の引数を確認して、「条件範囲1」まで指定しました。 条件1 引数は =SUMIFS(D:D,C:C,">="&R11,C:C,"<"&R12) でした。「条件1」は「">="&R11」となります。ここで、何とか「""」とか「&」を自動で入力する方法がないか探してみましたが、降参です。キー入力したほうがよ…

続きを読む

歩み値のチャート その7

図1:関数の引数 その6で価格帯別出来高の計算をするのに「SUMIFS」関数を利用することとしました。 引数 SUMIFS関数の書式は、SUMIFS(合計対象範囲, 条件範囲 1, 条件 1, [条件範囲 2, 条件 2], ...)でした。 ここで、「合計対象範囲」は合計する対象ですから「出来高」となります。「条件範囲1」は「約定値」、「条件1」は「価格帯の下限以上」と…

続きを読む

歩み値のチャート その6

図1:価格帯別出来高 その5で価格帯を入力しました。 関数の選定 それぞれの価格帯での出来高を計算します。 --みょ 大変だみょ 7500行あるみょ うん。そのまま計算するのは大変です。やってられません。そこで、価格帯の下限以上で上限未満の出来高を合計することを考えます。 「価格帯」右の「S10」セルに「出来高」と入力して「S11」セルを選択して入力窓左の「f…

続きを読む