今週の日本株 2017年6月10日

キャプチャ.PNG
チャート1:今週の日経平均日足

今週の日経平均は、月曜日は先週終値近辺で動きましたが、火曜日には大きく下げて終値で2万円を切りました。そのまま3営業日連続で終値で2万円を切っていましたが、金曜日にはかろうじて2万円を回復しました。


6か月チャートです。

キャプチャ.PNG
チャート2:日経平均日足6か月チャート

ローソク足は、2万円を挟んだ動きになってきたようです。下値は確実に切りあがっているように見えます。

トレンドブロック™を追加してみました。

キャプチャ.PNG
チャート3:チャート2にトレンドブロック™を追加

--みょ 三角持ち合い?

うん。上昇しているけど三角持ち合いと言えそうです。三角持ち合いだとすると、振れ幅が狭くなってきていますので、いつブレイクしてもおかしくはありません。

木曜日から金曜日にかけてビッグイベントが続きましたが、今のところ上手に乗り切ったように見えます。

ただ、日米欧それぞれに火種はくすぶっているままなので、この先火種が消えるのか本格的に燃え出すのかすればブレイクして大きく動き出すことも考えられます。

--みょ テクニカルじゃないみょ

うん。世の中の動きも重要なのです。


一目均衡表です。

キャプチャ.PNG
チャート4:日経平均日足6か月 一目均衡表

ローソク足のすぐ下に転換線があります。短期的に下支えされているように見えます。この先のローソク足をイメージすると、上昇するように思ってしまいます。

この先新値を取らない場合の基準線と転換線を延長してみました。

キャプチャ.PNG
チャート5:チャート4の基準線と転換線を新値を取らないと仮定して延長

--みょ 転換線が上昇しているみょ

うん。意味があるのかどうかは別にして、ローソク足が上昇していますので、転換線も上昇しています。ローソク足も支持されて上昇するのかもしれません。

遅行スパンも上空で自由に動いています。この先ローソク足が迫っていますが、上手に上に避けるように見えてしまいます。


テクニカル的には、三角持ち合いのブレイクまで下値を切り上げながら今のトレンドが続くように思います。

問題はどこでブレイクするかってことで、どちらにブレイクするかってことですが、それは世界情勢の展開によるように思えてきます。

スーパーサーズデーともいわれていた木曜日から金曜日にかけてのビッグイベントは何とか乗り切りましたが、結局先送りになっただけで何も解決していないのです。

ということで、目先下値は切りあがるだろうけど、いつブレイクしてもおかしくはないと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450719355
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック