SBI証券のHYPER SBIに「NEW チャート」ってのが追加されました その2

キャプチャ.PNG
図1:初期設定で起動したNEWチャート

SBI証券のトレードツールHYPER SBIに「NEWチャート」ってのが追加されていますので、使ってみています。

その1」ではNEWチャートを起動して、移動平均の期間を変更しました。


もきち♪やらかしました。ひとしきり操作してから記事を書き始めましたので、移動平均線が3本表示されたままでした。

でも、初期状態で起動すると、ローソク足と出来高が表示されるだけで、移動平均線は表示されていません。

--みょ 初期状態から使いださないとダメだみょ

うん。照れちゃいます。ということで、テクニカル指標の表示非表示です。

チャート右に「テクニカル指標」メニューがありますので、一番上の「+価格指標」の「+」をクリックします。

メニューが展開されますので、「移動平均(3ライン)」をダブルクリックします。

移動平均線が3本表示されました。

キャプチャ.PNG
図2:移動平均線3本表示

移動平均期間の変更は「その1」で確認した通り、チャート左上の文字をダブルクリックして変更します。上下三角よりもキー入力したほうが早くて確実です。

今後表示したときも同じパラメータを使いたいときには左下の「基本値で適用」にチェックを入れます。

キャプチャ.PNG
図3:移動平均(3ライン)設定画面


--みょ 移動平均は1本と3本しかないみょ 2本にしたいみょ

うん。2本にしたいときは、3本表示させて、MA中期かMA長期を(1回)クリックして、「DEL」キーを押すと1本だけ消すことができます。

どうやら指標の先頭はまとまった指標全体を、次からの項目では個々の指標を非表示にできるようです。

--みゅぅ 4本。。。。

うん。4本表示したいときには、3本表示した状態で「移動平均(1ライン)」をダブルクリックします。

まだ続ける?

--みょ もういいみょ

個々の移動平均は独立して表示非表示が可能なようです。非表示にしたい場合は文字か線をクリックして「Delete」キーです。


おさらいとして、一目均衡表を表示してみます。

移動平均線を非表示にして、「一目均衡表」をダブルクリックします。

キャプチャ.PNG
図4:一目均衡表

一目均衡表が表示されました。雲が縦ラインから塗りつぶしになりましたので、個人的には今までのチャートよりも見やすいと思っています。

文字をダブルクリックしてパラメータを確認してみます。

転換線「9」、基準線「26」、先行スパン1「26」、先行スパン2「52」、遅行スパン「26」と見慣れた数字が並んでいます。一安心です。

キャプチャ.PNG
図5:一目均衡表設定画面

そして、個々のパラメータを別々に変更できるようです。

一目均衡表でも、先頭の転換線以外の個々の5役を非表示にすることができます。先行スパンを非表示にすると雲も非表示になります。

--みょ 基準線と転換線を消すことはできないの?

うん。残念ながら一目均衡表の表示非表示ではできないようです。でも、線の色は個別に変更できますので、線の色を白に設定す(以下、無粋なので自粛)


NEWチャートではチャートに書き込める機能が向上していますので、「その3」でチャートにいろいろ書き込んでみます。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック