日経平均採用銘柄 9613 エヌ・ティ・ティ・データ

キャプチャ.PNG
チャート1:9613 エヌ・ティ・ティ・データ 日足6カ月チャート

日経平均採用銘柄の続きです。今回は「9613 エヌ・ティ・ティ・データ」です。


ローソク足は、大きな下落トレンドから反転上昇しています、

25MAも、長らく下落を続けてきましたが、今月に入ってから上昇に転じています。下落から上昇に転じたところで5MAが下から上に抜けています。

75MAも、下落から微妙に上昇に転じています。上昇に転じたところで25MAが下から上に抜けています。ゴールデンクロスです。


今はこの6か月の高値圏にいます。6か月の高値安値でフィボナッチ級数を追加してみます。

キャプチャ.PNG
チャート2:チャート1にフィボナッチ級数を追加

--みょ 高値のラインで上値を抑えられているみょ

うん。高値のラインを上値抵抗線と考えてもいいのかもしれません。

下落した動きを見ると、半値戻しのラインと、0.382戻しのラインで少しもみ合ったように見えます。この後下落するのなら、フィボナッチ級数でもみ合う展開があるのかもしれません。


一目均衡表です。

キャプチャ.PNG
チャート3:9613 エヌ・ティ・ティ・データ 日足6カ月一目均衡表

下落トレンドの間はローソク足が雲の下で推移していました。上昇に転じたときには、窓を開けて2営業日で一気に雲を上抜けています。

遅行スパンも一気に雲を上抜けていきました。

ここにきて上昇ペースは落ちています。次の動きが重要なのかもしれません。


今の展開は、フィボナッチ級数での説明が一番しっくりきそうです。

だとすると、もみ合った後に、このまま上値抵抗線を抜けて上昇するのか、それとも一度調整するのかといったところです。

今の動きを見ると、一気に上抜けるには少しエネルギーが足りないように見えます。

しばらくエネルギーをためて十分にエネルギーがたまったら一気に上抜けて、エネルギーがたまらなかったら反落するという展開かと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450114969
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック