ダウ理論

キャプチャ.JPG
出所:Dow Jones & Company

テクニカル分析では、すべての分析を値動きと出来高のチャートを見て行います。ファンダメンタルズ要素や、イベントなどのすべての要素が価格変動に表現されているという前提です。


そのあたりを、ダウさんが6つの基本原則にまとめています。「ダウ理論(Dow Theory)」です。

1.平均はすべての事象を織り込む
2.トレンドには3種類ある
3.主要トレンドは3段階からなる
4.平均は相互に確認されなければならない
5.トレンドは出来高でも確認されなければならない
6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する



1.平均はすべての事象を織り込む
 市場価格にはすべての情報が織り込まれているとする「効率的市場仮説」にもつながる原則です。市場価格は常に正しいのです。
2.トレンドには3種類ある
 トレンドには、1年~数年のサイクルである「主要トレンド」と、3週間~3ヶ月のサイクルである「二次トレンド」と、3週間未満のサイクルである「小トレンド」が存在して、二次トレンドは主要トレンドの調整局面で、小トレンドは二次トレンドの調整局面であるとされる原則です。
3.主要トレンドは3段階からなる
 主要トレンドは買い手の動向によって、底値買いをする「先行期」、価格が上昇し始めて追随者が買いを入れる「追随期」、価格が十分に上昇して先行期に買いを入れた投資家が売りに出る「利食い期」の3つの段階があるという原則です。
4.平均は相互に確認されなければならない
 複数の平均的指標に同じシグナルが現れないなら明らかなトレンドとは言えないという原則です。
5.トレンドは出来高でも確認されなければならない
 出来高を伴わない上昇や、出来高が細らない下落はトレンドではないという原則です。
6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する
 一度発生したトレンドは、明確な転換シグナルが発生するまでは続くという原則です。トレンドに逆らって売買しても利益は得られないという耳が痛い原則でもあります。


どの基本原則も大切で、一つ一つの基本原則をちゃんと読み解くのは難しそうです。これらを実感として落とし込むには、実践の中で少しずつ読み解いていく必要があると思っています。

テクニカル分析の基本であり、たくさんあるテクニカル指標は、この理論を活用するためのものであるといってもいいのかもしれません。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック