テクニカル指標 一覧

出所:SBI証券 HYPER SBI 日経平均株価日足6か月チャートにいろいろ追加 テクニカル指標はたくさんあって、勉強が済んだのはまだ一部です。でも、だんだんこんがらがってきました。ということで、今までのテクニカル指標をまとめてみました。 時系列系指標 ◆移動平均線:(n日前までの終値合計)/n ◆ボリンジャーバンド:移動平均線からσ(標準偏差)、2σ、3σなどのライン…

続きを読む

自分で作成した一目均衡表を使いまわす その2

「その1」で一目均衡表にデータを追加する方法を確認しました。次に他の銘柄の一目均衡表へ使いまわす方法を確認します。 ※作業を始める前にコピーしてバックアップを取っておくと安心です。 データを準備する まず、目的の銘柄の「日付」「高値」「安値」「終値」データを準備します。 手順は「その2 データのダウンロード」にまとめてあります。 例として7203 トヨタ自動車の…

続きを読む

自分で作成した一目均衡表を使いまわす その1

一目均衡表は定期的にチェックしたいテクニカル指標です。でも、線が多くて見にくいのです。自分で作成すると自由に線が消せますが、毎回作成するのは大変です。 以下、過去の記事の手順で作成した一目均衡表があるという前提で進めます。 自分で作成した表に追加する 例えば、日経平均株価などは、一度作成した一目均衡表に新しいデータを追加して継ぎ足して使えます。表がどんどん大きくなっても、チ…

続きを読む

日経平均株価の一目均衡表 2016年5月27日

「日経平均株価の一目均衡表 2016年5月20日」にその後の値動きを追加しました。 終値の動き 終値は、雲を上抜けてそのまま雲の上で推移しています。少し雲が近づいてきていますが、最近は薄商いの中少し上昇しています。今のままならしばらくは雲の上で推移しそうです。 遅行スパンの動き 遅行スパンのほうは、1か月以上大きめの雲の中で推移しています。余分な線を消してみるとわかりやす…

続きを読む

OSCV:Volume Oscilator

出所:SBI証券  HYPER SBI 日経平均株価日足6か月チャート OSCV テクニカル指標には本当にたくさんの種類があります。どこかで管理されているものでもありませんので、中にはなかなか情報が得られない指標もあります。 情報が少ない指標の場合 情報が少なくて、どんな指標かわからない時は思い切って指標提供元に質問してみましょう。多くの場合は親切に教えていただけます。仮にお返…

続きを読む

DPO

出所:SBI証券 HYPER SBI 日経平均株価 日足6か月チャート OPD 短期的な相場の動きを見るのに長期トレンドが邪魔になることがあります。そんな長期トレンドの要素を取り除こうとするのが「DPO(Detrended Price Oscillator)」です。 DPOの計算式 期間「n」に対するDPOは以下の計算式で求めます。 DPO=終値-(n/2-1)前のn移動…

続きを読む

三角持ち合いブレイク?

出所:カブドットコム証券 日経平均株価 日足6か月ウルトラチャートに加筆 日経平均株価の推移を見ると、三角持ち合いを形成していて、上にブレイクしたように見えます。 イベントスケジュール 2016年5月26日-27日は伊勢志摩サミットが開催されます。また、27日にはイエレンおばさまの講演があります。この頃FRB関係者から6月利上げの可能性をにおわす発言が増えていますので、イエレン…

続きを読む

8616 東海東京フィナンシャル・ホールディングス MACDで買いサイン

出所:カブドットコム証券 8616 東海東京フィナンシャル・ホールディングス日足6か月ウルトラチャート 一目均衡表、MACD 低調な相場が続いています。薄商いで、値動きも少ない。「日経平均株価 0.382戻し?」で確認した0.382戻しの16831.78円もなかなか超せずにぐずぐずしています。 8616 東海東京フィナンシャル・ホールディングス 個別銘柄を見ると、いろいろとシグ…

続きを読む

もみ合い相場と移動平均線

もみ合い相場が続いています。見方によっては三角持ち合いにも見えます。 移動平均線 移動平均線の性質から、このような相場では、移動平均線が実際の株価に近づいていきます。 移動平均線の性質上、短期の移動平均線から徐々に長期の移動平均線が株価に近づいていきます。特に、きれいな三角持ち合いだったりすると、振れ幅が小さくなるときには移動平均線も大集合です。 実際のチャート ト…

続きを読む

日経平均株価 0.382戻し?

出所:カブドットコム証券 日経平均株価 フィボナッチ 日足6か月ウルトラチャート 「ゴールデンクロス?」で確認したように、日経平均株価は微妙なポジションにあるようです。 フィボナッチ級数 そもそもこのブログを始めるきっかけになったフィボナッチ級数を見てみました。 こちらも微妙な位置にあります。2015年12月1日の高値20012.40円と2016年2月12日の安値1486…

続きを読む